会長挨拶

本年度の方針

 飯能ロータリークラブ 2020-2021年度の方針

本年度の方針

飯能ロータリークラブ第57代会長としてご挨拶申し上げます。

飯能RCクラブ
田辺 實
第57代会長

 RI会長ホルガー・クナーク氏のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。「可能性をつかむには様々なアプローチの扉があります。機会の到来の時行動してこそ道は開きます。多様性を重んじ持続可能な良い変化を目指すロータリーは無限の機会への招待です」 と説明しています。

  第2570地区相原茂吉ガバナーのテーマは「友達をつくろう」です。積極的にロータリーの扉を開き一緒に活動し、そして出来るだけ多くの友達を、すなわち価値観を共有する仲間を一人でも二人でもふやして欲しいと言う事です。

  飯能ロータリークラブのテーマは「我等のロータリー」としました。RI会長ホルガー・ クナーク氏、第2570地区 相原茂吉ガバナーのテーマを基本に、飯能ロータリークラブが、未来に力強く「機会の扉を開き」「友達をつくる」事、それにより共有する価値観の下にロータリーの仲間が集まり固い友情でつながり多様性を重んじ持続可能な良い変化を目指すク ラブは無限の機会への扉やロータリーヘの扉を積極的に開き、価値観(誠実・多様性・寛 容・友情・平和の大切さ)を共有する仲間を増やし未来へつなげる一歩としましょう。それが「我等のロータリー」なのです。その為に3つの目標に向かって行動します。

 ① 楽しく意義のある例会にします。
 職業上の発想の交換、友情を深め自己改善を図る例会にしてロータリーを楽しみます。

 ② 職業を通して奉仕活動をします。
 事業において高潔さと高い倫理基準をもって行動し、役立つ、価値ある職業を通して奉仕の心を育みます。

 ③ 仲間づくりをします。
 会員の友情を深め、連帯感を育み、自己の職業を通して奉仕活動をする事により地域の人々に広く理解を深め、会員の行動姿勢を観て、共鳴する人々で志を共にする職業人の仲間づくりをします。

  目標達成に向け例会取消休会に祝日週が含まれる場合を取り入れ年間36回の例会にします。又、年会費を22,000円減額します。例会形式を10人テーブルから4人テーブルに変更し、毎回テーブルごとに会員3分間スピーチを行います。

  会員の皆様の御理解と御協力をいただき「我等のロータリー」を築きたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

ニュース/お知らせのアーカイブ